勃起機能をサポートする薬

2016.5.2|注意点や副作用

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

26-07

注意をしておいてほしいのですけど、自分でけっして量を増やしてはいけない事を、覚えておいて下さい。何より最悪の場合、命に関る危険性もあるため、げに入念な必要に注意がなってきます。

医師から処方をされた以上の量を服用しても、効果の増大は望めず、かえってあたらしい副作用が出現をしてしまったり、その程度が強くなってしまう危険性があります。バイアグラはモトモト1980年代に心臓病の治療薬として開発されましたが、インポテンスに有効成分シルデナフィルが効果のあることがわかり、1998年3月27日にFDA(米国食品医薬局)から販売の認可がおり、ED治療薬となりました。

余談ですが相場の値段は、50mgで1,500円ほどです。服用回数の方は、一日一回までとなっており、作用の時間は、5時間ほどとされてます。

バイアグラ錠は性的な刺激に反応をして起こる勃起機能をサポートする薬です。当り前、コレにはそして、飲む時間の間隔として24時間くらいの時間が必要となります。

標準的に日本人男性には、25mgが向いているみたいデス。25mgと50mgの二種類の錠剤があり、一回に服用量は、医師に指示された25mgあるいは50mgまでとなってます。

勃起を抑える方向に働く物質をブロックする阻害剤の役目をする、上記のシルデナフィルが勃起反応を長引かせます。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。